自転車日本一周 星景写真の旅☆

いつも心に星空を☆

   10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    
<< 【☆37日目☆】 北海道・函館の星空 | main | 【39日目】 変化を望む >>
【38日目】 星景写真の旅、終了のおそれあり。
前回(37日目)の続きとなります。

そのとき僕は函館山にいました。

ロープウェイに乗って3分。

函館山山頂の展望台に到着。
この日は台風が太平洋側を過ぎ去っていく日でもあり、また山の上ということも加わって時折強い風が吹き荒れていました。

山の上はただでさえ寒いのに強風ともなればどんどん体温は下がっていきます。

函館山からの全景はとても綺麗で多くの人が写真を撮っているのですが、そのほとんどが15分もしないうちに寒さでギブアップ。

室内へ避難するか、もうそのまま満足してゴンドラに乗って帰っていきます。

そんな状況で僕はというとかれこれ2時間は山頂に。

ここまでの寒さを予想せずに半袖や半ズボン・スカートの格好の人も少なくない中、僕は冬のはじめのような格好をしていたので長期戦はもとより覚悟の上です 笑


そうはいっても寒いものは寒い。

ある程度満足できたしあと10分この画を撮ったら帰ろうと思った矢先、

事件は起きました。




カシャッ




カシャッ




カシャッ





カシャッ








ピューーー!!








ガシャン!








お分かりでしょうか。


今回はインターバル撮影なので設定をしてカメラが勝手に撮影をしてくれている状況だったのですが、


そのとき突然の強風。


なんとカメラが三脚ごと風で倒されてしまいました。


ちなみに三脚には1キロの重しを吊るしていたにも関わらず倒すほどの強い風。


その瞬間は今でも鮮明に思い浮かぶほどスローモーションでした。




ガシャン!


三脚は倒れカメラは地面と衝突。


レンズはカメラからはずれ地面を転がりました。


心拍数が異常なほどにあがり、ドクン、ドクンという嫌な鼓動が体中に響きます。





ああああああああああああああ・・・・・・!!!!!!!!!


これはまずいこれはまずいこれはまずい!!!!!!!!!!!



もう完全に気が動転していました。


すぐにカメラを回収。 レンズも拾って周辺をチェック。

特にパーツなどが落ちていないことを確認するとすぐに撤退。


寒さと恐怖で体が震えたままロープウェイで地上に降り、自転車で約5キロの帰路に着きます。


正直この間の記憶はあまりありません。

今にして思えばよく事故にあわずに帰れた。

それほど混乱していました。



どうしようどうしようどうしよう。


カメラが壊れたんじゃこの旅はもう続行不可能・・。


購入価格がレンズも含めれば40万弱・・。


なんであの時三脚を抑えられなかったんだ。


ああああああああああああああああああああ・・・・・・。


フェリーターミナルについてカメラの確認をすることもなくすぐに横になりました。


神さま、どうかウソだと言ってください。


祈るような気持ち、現実逃避。







翌日(38日目)。


目が覚めた瞬間からわかっていました。

カメラバックをあけて状況を確認しなければならない。

昨夜に比べればだいぶ落ち着いたので深呼吸をしてバックをあけます。


レンズは一目見てもうだめだとわかる具合でした。

ヒビは入っているわレンズ内部は見えてしまっているわでこれは厳しい。

カメラは・・・。


!!


電源が入る!


驚くことに外傷もほとんどありませんでした。


レンズは2本所持しているのでもう1本のレンズをカメラに装着して綿密に検査。


AF・MFともに問題なし。

シャッターも問題なくきれる。

その他いろいろチェックするも特に問題はみつからず・・・







うおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!




なんという奇跡!!!!!!!



EOS 5D Mark3


君はなんていい子なんだ!!!


不幸中の幸いとはまさにこのこと。


レンズは全壊してしまいましたがカメラ本体はほぼ無傷でした。


カメラが壊れて動かなければこの旅は強制終了か中断しかありませんでした。

でもカメラが動けば残りの1本のレンズで続けることができる。

これは本当に嬉しい出来事でした。

レンズが無傷でもカメラがだめならだめ。

レンズがだめでもカメラが大丈夫なら大丈夫。


ギリギリのところでした。


長くなったのでここからはまとめますが、この日は親に事情を連絡したのち、レンズをメーカーの修理場に郵送。

親が保険会社ということもあり保険の適用で5000円程度の免責で済む可能性が高いというありがたい話をもらいました。

当分は残っているズームレンズで旅をしながら、破損してしまった単焦点レンズが戻ってくるのを待つという状況になります。


そんなこんなで慌しい日々を過ごしていたためなかなかブログの更新ができませんでしたm(_ _)m

以上、不幸中の幸い話でした。


走行距離  20,2キロ
積算距離  1515,1キロ
支出    550円



最後まで読んでくださりありがとうございます。
ブログランキング用のアイコンも1日1回クリックして僕のモチベーションとブログのランキングも上げていただけるとさらに嬉しいです(^^)☆

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へにほんブログ村

| 23:59 | 自転車旅 | comments(6) | trackbacks(0) |
Comment
(2013/10/01 2:41 AM)
このページ、天さんは読み返したくないページになっちゃったでしょうね(^^;)
大変な事故にあってしまって、それでもボディが無事なようで良かったです☆
写真をやっているとついて回る事故です。私も崖の上でHB彗星を撮っていて転がしました。
海側でなく、足場側に倒れてくれてホント良かった。。

今後も同じような事はあるかもしれないので出来るだけ低く据えて下さいませ。

追伸
若い頃MTBで山を走ってまして、フレームをオーダーして自分で好きなパーツ組んでました(^^)
自転車が好きでロードもランドナーも乗りましたよ☆
天さんのように遠くまで走ったりはしませんでしたが(汗)
(2013/10/01 11:37 AM)
 >月さん
今でこそ大丈夫ですが、当日と翌日の朝は本当になかったことにしたくて魔の2日間でしたね(^^;)
僕もこういう事故はネット上でよく目にしてはいたのですが、どこか他人事のようになっていたのかもしれません・・。
月さんも彗星撮影どころではなかったでしょうね。
救出できる側に倒れてよかったです^^

なるほど!元々経験者なうえに上級者だったんですね!(^▽^)
この旅が終わったらロードにも乗ってみたい気持ちがあります。
ちっぷ (2013/10/01 2:46 PM)
タイトル読んでめちゃくちゃ焦りましたー!
天さんもしくはご家族などに何かあったのかと思いました(>_<)
でもレンズ…家族のようなものですね(;_;)
早く直ると良いですね!
天さんとカメラ本体が無事ということで何よりです。。
今後もお気をつけて進んでください♪
らな (2013/10/03 8:53 AM)
今さらながら…カメラ本体が無事でよかったですねぇ(>_<)
レンズが身を呈して守ってくれたんでしょうか!?
「オレの代わりはいてもお前の代わりはいないんだーっ!!」
などと一人妄想しておりました(笑)
モノに愛され護られているんですねー(*´∀`)
いや…不幸は不幸でしたが…

でも天さんが壊れちゃダメですよ(笑)
貴方は貴方しかいないのですから…


まだまだ序盤なんでしょうか!?

陰ながらがっつり応援しております!!
(2013/10/12 12:17 PM)
 >ちっぷさん
ご心配をおかけしましたm(_ _)m
おかげさまでレンズも戻ってきました!
本当によかった・・。
(2013/10/12 12:19 PM)
 >らなさん
らなさんに言われてはじめて気がつきました。
たしかにレンズが身を呈してカメラを守ってくれてのかもしれません。
帰ってきたときは心から嬉しく大切にいたわりました^^
Write?









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。